でじかめ日記

nakamurayk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 62 )   > この月の画像一覧

サン・シャペル

d0044239_19565044.jpg

 ひさびさのサン・シャペルです。

 ……あああ〜。修復中かい……
 
d0044239_19565326.jpg

 まあ、四方八方、ステンドグラスだから、きれいなところだけ撮ればいいや。
 
d0044239_19565671.jpg

 むかしは穴場だったのに、いまは有名な観光名所になっちゃいましたね〜。
 
d0044239_1956588.jpg

 そういえば、海外旅行に行くたびに、なんとなくみんなの写真スタイルがかわっていきますね。
 
d0044239_1957141.jpg

 日本人はコンパクトなカメラを持っている人が多いんですが、中国の人たちは、若い女の子がでっかいカメラを持つのがはやりみたいです。プロのカメラマンか?というようなごついカメラを持っている娘多し。
 
d0044239_1957331.jpg

 そして、ちょっと前までは、どこでもみんなカメラをかまえていたものですが、いまは板ですね〜。
 みんな、板(iPad)をかまえて撮っています。そのままツイッターやフェイスブックにのせるのかな?
 
d0044239_1957560.jpg

 わたしも今回はiPodtouchを持っていって、パノラマを撮ったり、ツイッターにのせたりしてみました。
 
d0044239_1957836.jpg

 ここは360度、ステンドグラスに囲まれているので、パノラマを撮るためにくるくる回転している人が多かったですね(笑)。
 
d0044239_1957166.jpg

 だが、ズームはデジカメでなければ撮れまい。
 
d0044239_19572084.jpg

 そういえば、ここのステンドグラスですが、
 
d0044239_19572252.jpg

 震度3の地震がきたら、完全に崩壊するそうです。
 
d0044239_19572734.jpg

 震度3? そんなの地震じゃないじゃん。
 
d0044239_19573068.jpg

 いかにパリに地震が来ないかわかりますね〜。
by nakamurayuki | 2013-07-31 20:06 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

シテ島に向かう

d0044239_11434534.jpg

 まったく写真をのせないのもなんなので……というか、写真を省略したくなる気持ちがわかる、曇天の風景をご紹介しましょう。
 
d0044239_11434789.jpg

 遠くに見える金ぴかの屋根はアンヴァリッド。そういえば、アンヴァリッドは行ったことがないな〜。ナポレオンの墓に興味ないからな……
 
d0044239_11434991.jpg

 この広場はエッフェル塔を見るのにいちばんいい場所らしいんですが
 
d0044239_11435212.jpg

 ひょっとすると来たことがないかも……
 なんか、いつもエッフェル塔の足もとから見上げてたような気がします。
 
d0044239_11435480.jpg

 こうして、記念撮影をして(すごく寒かった……マジで3月でした)、セーヌ川沿いに進んでいきます。
 奥のギリシャ神殿風なのはブルボン宮。
 手前の橋はコンコルド橋です。
 この橋は、バスチーユ監獄を憎むあまり、踏みつけてやれ!という怨念によって、バスチーユ監獄のがれきを使って作った橋なのだそうな……
 
d0044239_1143573.jpg

 コンシェルジュリが見えてきました。アントワネットもはいった監獄ですね。
 これ、むかしはいったことがありますが、真っ暗で螺旋階段ぐるぐるで、その階段に沿って牢屋が作られていたのを覚えています。
 中に変なマネキンもいっぱいあったな……ギロチンにかけられる前にうなじの髪を散髪されている囚人とか。

d0044239_11435945.jpg

 目的地に到着〜。シテ島の中は歩いて観光です。

d0044239_1144289.jpg

 シテ島には、コンシェルジュリ(監獄)、裁判所、パリ警視庁、ノートルダム寺院がかたまっています。

d0044239_1144710.jpg

 そして、わたしたちがこれからはいるコンシェルジュリとサン・シャペル寺院は、裁判所と同じ敷地にあるので、
 
d0044239_11441117.jpg

 セキュリティチェックがきびしく、ずらっと並ばないとはいれません。
  というわけで、並んでいる間ヒマだったので、こんな写真を撮ってました。
 
d0044239_11441556.jpg

 幸い、小雨が降っていたせいか
 
d0044239_11441868.jpg

 思ったより早くはいれました〜。

(コンシェルジュリの観光は、母の眼が悪く、暗い螺旋階段が心配だったのでパスしました)
by nakamurayuki | 2013-07-31 11:58 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

パリ観光出発

d0044239_2019855.jpg

 インターコンチネンタル・ル・グランのカフェ・ド・ラ・ペの朝ごはんです。
 クロワッサンは……うむ。いなかの方がうまい。たいしたことないねー。日本の方がおいしいね。
 オムレツは毎日、焼いてもらいました。毎回、フライパンに巨大なバターのかたまりをぶちこんでいるので、カロリー的に不安でしたが。しかもチーズがおいしかったので、毎回、チーズをいれてもらっていました(笑)。
 ここのオレンジジュースが激うま!なので、これも毎朝もらってました。

d0044239_2019113.jpg

 それにしても。
 
d0044239_2019133.jpg

 すてきすぎる、
 
d0044239_20191645.jpg

 こんなところにいていいんだろうか、と不安になるゴージャスさです。
 
d0044239_20191842.jpg

 わしら庶民にはかえって居心地がわるい……
 
d0044239_20192174.jpg

 さて。バスに乗っていよいよパリめぐりです。
 
d0044239_20192466.jpg

 くっ……昨日は晴れていたのに!
 
d0044239_2019325.jpg

 この灰色の空、なんとかしてくれ。
 
d0044239_2019346.jpg

 シャンゼリゼ通りは、パリッ子たちのイメージでは、映画デートをする場所なのだそうで、たしかに映画館だらけでした。そしてなんかピザ屋が多かったですね。
 日本で調べていったかぎりでは、パリのイタリア料理は絶望という話だったんですが……ピザ屋は例外なのかな。
 
d0044239_20193935.jpg

 このあと、コンコルド広場とか、いろいろ車窓から見ながら次の目的地に向かったのですが、どの写真も絶望だったので省略(笑)。
 まあ、パリですしね。たいして珍しい写真でもないので。
by nakamurayuki | 2013-07-30 20:28 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

パリについた日のばんごはん

d0044239_11281511.jpg

 いよいよパリに着きました。

d0044239_11281824.jpg

 これは真横から見た
 
d0044239_11282088.jpg

 凱旋門です。
 
d0044239_11282638.jpg

 凱旋門の奥には
 
d0044239_11282810.jpg

 デファンスの凱旋門が見えます。
 わたしたちはデファンスがわからパリ入りしたんですが、このあたりはいわゆる新興住宅地&開発地なので、高層ビルがどんどこたっています。

「うーむ。まるで豊洲だ……」

d0044239_11291743.jpg

 ちょうどパリはセールにはいったばかりでした。
 
d0044239_11293245.jpg

 モンサンミッシェルから、やっとパリのホテルに到着〜。
 インターコンチネンタルです。オペラ座や、デパートの近く。
 
d0044239_11293569.jpg

 なので、便利、と思っていましたが……意外とそうでもなかった。

 このホテル、ばかでかくて、ホテルの入り口から部屋にたどりつくまで、ものすごい距離を歩かなければならないのです。
 しかも迷路のようだし……
 もう少しこぢんまりとしたホテルなら、ちょこちょこホテルに戻って休んだり、荷物を置いたりするんですが、一度、部屋に戻ると、もう二度と出たくない、という……
 
d0044239_11294294.jpg

 この日のばんごはんはフリーだったので、とりあえず、デパートに行ってみることにしました。
 
d0044239_11293932.jpg

 セール時期なので激こみでした……

 ええー! ごはん、どこで食べれば……
 
d0044239_11294549.jpg

 結局、ホテルの近くに戻って、適当に見つけたカフェにはいって
 
d0044239_11295021.jpg

 クロックムッシュを頼みました。

 おお、おいしい!
 やっぱ、フランスはカフェごはんがおいしいね!

 ところで、いまのはやりなのか、このあとも、カフェで軽食を頼むと、必ずサラダがついてきて、まるで東京のカフェごはん風になっていました(笑)。逆輸入?
by nakamurayuki | 2013-07-30 11:39 | フランス2013 | Trackback | Comments(2)

フランスのいわし缶

d0044239_21434098.jpg

 北フランスの港町でいっぱい売っていたいわし缶。
 どんなもんか、自宅用に買ってきました。
 3種類買ったんですが、まずはいちばんプレーンなやつ。
 バターとレモンにつけられているタイプです。
 
d0044239_21434212.jpg

 そういえば、店のおねーちゃんに「あたためて食べる専用の缶詰だけどいい?」と、お金を払ったあとに言われたんだっけ(先に言ってくれ)。
 で、あらためて読んでみると〜〜〜〜〜

 なんか、缶を開ける前にお湯につけておけ、とか書いてあるが……ああ、そうか。バターソース漬けだから、湯せんでバターをとかしておくのか。
 
d0044239_2143453.jpg

 というわけで、缶をお湯につけている間に、ウィーンのクノールスープを作り、妹がジャスコの安売りで買ってきた、ポテトケーキとやらを焼いておくことにしました。
 
d0044239_21434717.jpg

 裏の説明を読んだかぎりでは、どうも、北海道のじゃがいももちに似ているような気がするんだが。
 
d0044239_21434997.jpg

 できた! 見た目微妙!

 でも、味は「おいしー!」「なにこれ、おいしー!!」
 
 じゃがいももちそっくりでした(笑)。これ、いいな。この粉、見つけたらまた買ってこよう。
 
d0044239_21435227.jpg

 さて、いわし缶を開けると、いいぐあいに、バターソースがとけています。
 これを全部、フライパンに開けて、ついでにマッシュルームも入れて、じゅーじゅーいためて
 
d0044239_21435421.jpg

 おフランス料理のできあがり〜。

「おいしいね」
「うん、普通においしいね」
「……わざわざ買うほどの味じゃないけどね」
「……おかずない時の非常食にすれば……」
by nakamurayuki | 2013-07-28 21:52 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

パリに向かう途中

d0044239_21333663.jpg

 塩味の羊さんたち(涙)
 
d0044239_21333938.jpg

 モンサンミッシェルから、最後の宿泊地、パリに向かいます。
 
d0044239_21334166.jpg

 かなり長距離のドライブなので、途中で二回、トイレ休憩をしました。
 
d0044239_2133449.jpg

 フランスの労働基準法?かなにかで、バスのドライバーは何時間以上運転したら必ず30分休まなければいけない、という規則があるので、ちょっと長い休憩です。
 
d0044239_21334642.jpg

 というわけで、ドライブイン併設のスーパーのいろいろなものを撮ってみました。
 コンビニスイーツっぽいのが充実。

d0044239_21334972.jpg

 ゲランドの塩がたくさん。
 
d0044239_21335395.jpg

 チョコレートが買えないので、おみやげはお塩がいいかなーと思っていたのですが、かわいいボトルのお塩発見。
 
d0044239_21335590.jpg

 あ、やば……値段がばれた(笑)。まあ、いいや。
 フランスっぽく、ハーブ入りの塩を買ってみました。
 
d0044239_21335859.jpg

 こしょうが名物なんですかね?
 あちこちのおみやげ屋さんで、こしょうを見かけたんですよね。
 
d0044239_2134066.jpg

 というわけで、自宅用にひと袋買ってみましたよ。
 
d0044239_213437.jpg

 バスの中で食べようと思って、コンビニスイーツを買いました。

 ……うん。まあ……こんなもんかな……

 日本のコンビニスイーツはおいしいね!
by nakamurayuki | 2013-07-28 21:39 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

ふわふわオムレツ

d0044239_2129113.jpg

 さて。いよいよ修道院からおります。
 しかし、そのためにはひとつ問題が……

 あの大階段の起点は最上階と同じ高さなので、二階分おりてきたわたしたちは、もう一度、修道院の最上階までのぼらなければならないのだ!

 うう……下からもおりられる構造にしておいてくれ……
 
d0044239_2129134.jpg

 下におりると、上にのぼる前に紹介されたサブレや塩キャラメルのお店のすぐとなりに、セントジェームズのお店が!
「フリータイムで〜す」
 の声に、いっせいに駆け込む日本人たち。

 だってさ〜。ここまで、おみやげらしいおみやげがいまいちなかったし(チョコが買えない季節だから)、モンサンミッシェルでボーダーシャツを買うのは記念になるのではないかと。
 
d0044239_21291698.jpg

 あの有名なプーラールおばさんのお店では、観光客向けに、おじさんがステージ(笑)でたまごをかきまわしていました。
 
d0044239_21291967.jpg

 そしてかわいいお姉さんがオムレツをかまどで焼いていました。
 
d0044239_21292472.jpg

 でも、このお店はせまいので、ツアー客はちょっとはなれた、観光客専用の巨大オムレツレストランにつれていかれます。

 プレ・サレというお店の名前ですが、プレというのは前もって、という意味。サレというのは、塩している、という意味です。
 このあたりでは、羊のお肉料理もまた名物なんですが、海の潮風をあびた牧草を食べて育った羊ちゃんは、生きている間に塩味がついて、とってもおいしい、という……
 
d0044239_21292893.jpg

 妹のおみやげ。
 
d0044239_2129302.jpg

 まずはふわふわオムレツが運ばれてきました。
 おじさんたちがとりわけてくれます。
 
d0044239_21293269.jpg

 うーむ。あれだけあわだてると、すごいことになるんだな……

 味がうすいかも、と思って、おしょうゆやケチャップ(笑)を持参してきていたんですが、普通に下味がついていておいしかったです。何もつけずに食べちゃった。ちょっとしょっぱいくらいでした。
 
d0044239_21293525.jpg

 問答無用で注がれるカルヴァドス。 
 いらないって言ったのに……
 
d0044239_21293789.jpg

 そして、おいもと、羊肉が運ばれてきました。
 大皿からとりわけられます。
 
d0044239_21295042.jpg

 ……? 巡礼者のまわる修道院の慣習なんですかね?
 アッシジでも、お肉をわざわざ、大皿にいれて持ってきて、とりわけてくれたんですよね〜。
 巡礼は同じ釜の飯を食うとか?
 
d0044239_21295351.jpg

 名物のチーズをお召し上がりいただきます、と旅行のパンフレットにあったとおり、チーズが出てきました。
 うっ……デカい……
 6Pチーズふたつ分くらいある……もうおなかいっぱいなのに。
 カマンベールチーズと、例のハート形のチーズということでしたが、どっちがどっちかわからん。
 かたっぽがちょっとくせがあったので、そっちを残してしまいました。それがハート形のかなあ。
 
d0044239_21295878.jpg

 そしてデザートはティラミスでした〜。
 なんでまたチーズなのだ!
by nakamurayuki | 2013-07-27 21:48 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

運搬用リフト

d0044239_21192823.jpg

 最上階の教会の床に緑色のガラスがはまっていたのを覚えておいででしょうか。
 
d0044239_21193150.jpg

 アレを下から見た図。
 
d0044239_21193346.jpg

 たしかに、いろいろ明かり取りの窓がないと
 
d0044239_21193578.jpg

 下の階はまっくらですね。
 
d0044239_21193748.jpg

 ここは、運搬用のリフトがある場所です。
 
d0044239_21193929.jpg

 この車で
 
d0044239_21194231.jpg

 鎖を巻き上げます。
 
d0044239_21194453.jpg

 鎖は窓からぶらさがっていて、
 
d0044239_21194735.jpg

 その鎖の先に台車がくっついていると。
 
d0044239_21195064.jpg

 これはスペアの台車。
 台車に、荷物をくくりつけて、上階まで運んだそうです。
 
d0044239_21195534.jpg

 ピエタ像がありますが、いつもどおり
 
d0044239_21195881.jpg

 イエス様の首はないのだった。

 りちぎだなー!
by nakamurayuki | 2013-07-27 21:24 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

騎士の食堂

d0044239_2227127.jpg

 下の階におりてきました。さすがに、この階の天井は石造りです。
 
d0044239_22272077.jpg

 むかしはこの部屋の半分が厨房で、半分が食堂だったそうで、厨房がわには
 
d0044239_22272359.jpg

 かまどのあとがあります。中にはいって上を見上げると
 
d0044239_22272573.jpg

 煙突の穴から空が見えるよ!
 
d0044239_22272787.jpg

 修道士の部屋の床と違って
 
d0044239_2227305.jpg

 ここはタイルばりじゃないのね。
 
d0044239_22273245.jpg

 ステンドグラスの模様が
 
d0044239_22273635.jpg

 ホタテ貝。巡礼者のしるしですね。
 
d0044239_22273910.jpg

 外に出ると、上の階の雨どいが見えました。
 
d0044239_22274272.jpg

 ガーゴイル。
by nakamurayuki | 2013-07-26 22:31 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)

修道士の食堂

d0044239_20113629.jpg

 修道士の食堂です。
 
d0044239_20114494.jpg

 お食事中は口をきいてはいけないので、全員、壁に向かってごはんを食べるのでした。
 
d0044239_20115397.jpg

 ここに立った人だけ喋れるそうです。
 食前の祈りとか?
 
d0044239_20114718.jpg

 窓がたくさんあるので明るいです。 
 
d0044239_20115068.jpg

 例によって、軽量化のための木造の天井。
 
d0044239_20115545.jpg

 床のタイルがきれい。
 
d0044239_20115719.jpg

 おそらく聖ミカエルなんでしょうが
 
d0044239_20115976.jpg

 やっぱりお顔が破壊されています。

 宗教的な、偶像は認めない派による破壊とか、のちに監獄として使われた時代の破壊とかで、修道院内のいろいろな聖人やキリストの像や絵の顔が破壊されてしまっています。
by nakamurayuki | 2013-07-26 20:17 | フランス2013 | Trackback | Comments(0)