でじかめ日記

nakamurayk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

bump of chicken @ 東京ドーム

d0044239_15431525.jpg
 ツアーファイナルが東京ドームで、これのチケット争奪戦に7、8連敗し続けて、ほんとにチケット売ってるのか、と疑いたくなるレベルでしたが、最後の解放席の抽選にダメ元で申し込んでみました。
 当選発表が、公演前日の夜9時というギリギリのタイミングで、こんなスリリングなチケット抽選会は初めてでしたね〜。
 そして当たりました! 
 わー。開演が次の日の夕方5時だよ。24時間切ってるよ。

d0044239_15431820.jpg
 ひさびさに見る後楽園のジェットコースター。

 あまりにも突然決まったライブ行きだったので、家でのんびり仕事やらリハビリやらをすませていたら、また遅刻しそうになりました。
 
d0044239_15432515.jpg
 ドームの中にはいったのが15分前。間に合ったー。
 途中でぼーっとしてたら一駅乗り過ごしてしまうというアクシデントもありましたが、なんとか到着。
 
d0044239_15432300.jpg
 大阪の時は泊まるから、ゆっくり最後までいられましたが、地元だと、できるだけ早く帰ってお母さんをお風呂に入れなければならないので、規制退場前に離脱。アンコール最後まで聴いてすぐに飛び出したので、中の記念撮影はできませんでした。
 
d0044239_15432898.jpg
 まあ、これはこれでいい感じの写真だし、満足。

 解放席だからあまりよく見えないだろうな、と覚悟してたんですが、まず、40ゲートという天井席であることに「うわー、登山か……また階段か!」と年寄りらしい反応をしてしまいました。スタンドの階段って急だよね……
 そして天井近くの、ものすごく高い位置で怖かったんですが、視界が開けていて「あれ? けっこういい席?」と一瞬、喜びました。
 が、さすがおあまりのおあまりのおあまり席。
 レーザーを飛ばす柱が真正面にどーんと立っていて、これがステージの中央とちょうど重なる位置にあって(笑)、ステージのBUMPはいっさい見えないのでした。
 いいのよ。歌を聴きにきたんだから。
 でも、花道があって、ちょろちょろ出てきてくれるので、意外と見えましたよ。
 そして、ステージの正面あたりの席だったので、ミニステージが真下にあって、そこに来てくれた時には肉眼ではっきり見えました。
 これ、すごくいい席だったんじゃ?

 今回、最初から藤原さんが「歌え、東京ーっ! こんなもんじゃねえだろおーーっ!」とあおってきたので、おお、なんかライブハウスのノリだぞ、と思っていましたが、ミニステージで演奏を初めて、出だしを歌いかけたところで、急に藤原さんが曲を止めて、「話したい事が出てきちゃった」と語り始めました。
 この歌を作ったのは20年くらい前で、自分もはたちくらいで、住んでいた部屋はこのステージよりも狭くて、そこでこの曲を書いたこと。
 当時は、あまり大勢の前で演奏する機会はなかったけれど、多い時には100人くらい、嵐の日なんかには10人くらいの友達の前で歌っていたこと。
 たぶん、大勢の人が聴いてくれている、ということは意識していたけれど、今日、ここで大勢に囲まれて歌いだしたら、あの頃の自分はここにいる人たちに向けて歌っていたというのが実感できたこと。
「今日は、はたちの俺が、はたちの曲を、おまえらに捧げます」

 じーん。

 二十歳のころの自分は、実はこうして大勢に向けて歌っていたんだ、というのが可視化されたら嬉しいですよねー。

 その後も、「大勢のっ……大勢の中のひとりだとか、思ってんじゃねえぞ! 俺は、おまえに会いにきたんだー!」

 やだ、かっこいい。

 こんな感じで、どうも若いころの自分に気持ちが戻っていたみたいで、テンション高めで最高でした〜。チケット当たってよかった。神様、ありがとう。

 あと、席が前回はステージからかなり近くて低い位置、今回は遠くて高い位置だったので、見え方がだいぶ違っていておもしろかったです。前回、ファイヤーがものすごく暑くて、ど迫力だったんですが、遠くから見るとそうでもないのね(笑)。あ、なんかぽやぽやしてる、と思ったら火だった。
 そして上から見ると、アリーナをおおっているミストにオーロラが映し出されて、自分たちが雲海の上にいるように思えて、本当にきれいでした。今回のツアー、いちばん演出がきれいだったと思う。

 チャマが(うろ覚え)、いま、すごく楽しい!って人もいるだろうし、何もかもがいやで死んでしまいたいと思うくらい辛い人もいると思うけど、そのままの気持ちでいいから、みたいなことを言ってくれたのが優しいなと思いました。無理にがんばれ、とか、元気になってほしい、とか言わないところが、やっぱり優しいなあ。
 わたし、チャマは優しい人だと思う。

 最後にチャマが、「これから、話したいことがあるーっ! それは、物販の話だーっ!」と叫んでいましたが、ごめん、会場にたどりついたのが遅すぎて、物販に行けなかったよ……

チャマ「新しいグッズ、売り切れて、ごめんねーっ!」
客 まばらな拍手
チャマ「あとで、なんとか、するからーっ!」
客 大きな拍手
チャマ「最初っからあるグッズもっ、買ってってーっ!!」(切実)

 そういえば、1500円ガチャのクマ、前回は「全然売れない」とチャマが嘆いていましたが、東京ではめでたく売り切れたらしい。さすがオタクの街、東京。

d0044239_15432932.jpg




 


# by nakamurayuki | 2019-11-04 16:31 | DVD&CD&LIVE | Trackback | Comments(0)

はろうぃん

d0044239_21414450.jpg
 マネケンのワッフル好き〜。特にバター系のが!
 
d0044239_21414710.jpg
 ハロウィン柄でとってもかわいいです。かぼちゃもいももおいしい。
 
d0044239_21414731.jpg
 新たなるドール(?)が。
 
d0044239_21414999.jpg
 妹が買ったピーターラビットのトム君です。なぜかいつもわたしの部屋にいます。
 ハロウィンなので、チーキーから帽子を借りてかぶせてあげました。
 
d0044239_21415350.jpg
 これが終わればもうクリスマスか〜。時がたつのは早いですね〜。
 ねんどろ棚をクリスマス仕様に模様替えをしなければ……



# by nakamurayuki | 2019-10-31 21:46 | フィギュア | Trackback | Comments(0)

姫路のぞうさんとリンレンちゃん

d0044239_20284804.jpg
 猛暑だったので、フラミンゴちゃんたちは水の中で翼に水をたっぷり含ませ、ばっさばっさとあおいで涼んでいました。
 
d0044239_20285128.jpg
 荒ぶるフラミンゴちゃんたち。
 
d0044239_20285481.jpg
 ぞうさんは暑い中、じっと立っていました。
 
d0044239_20290048.jpg
 やっぱり暑さには強いんだろうか。
 
d0044239_20285730.jpg
 ずっとこのタイヤを撫で回して遊んでいました。
 
d0044239_20290297.jpg
 記念撮影。
 また一緒にどこか行こうね〜。

# by nakamurayuki | 2019-10-03 20:33 | プチ旅行 | Trackback(2) | Comments(0)

姫路の動物園

d0044239_13320571.jpg
 はいってすぐがカピバラさんのお部屋です。
 
d0044239_13320312.jpg
 でかい。
 
d0044239_13315967.jpg
 お菊井戸があって
 
d0044239_13320926.jpg
 カピバラさんの水風呂になってました。(猛暑)
 冬はあったかいのかな。
 
d0044239_14023497.jpg
 ずいぶん広くて、いろいろな動物がいます。カンガルーもたくさんいたので、まるでオーストラリアのよう。

d0044239_14024294.jpg
 シロクマさんもいました。
 
d0044239_14024543.jpg
 ずっとうろうろぐるぐるしてました。
d0044239_14073517.jpg
 レッサーパンダちゃんも
 
d0044239_14073819.jpg
 ずっとうろうろしていて
 
d0044239_14074141.jpg
 撮るのが難しい。
 
d0044239_14074403.jpg
 これがいちばんマシでした。

 入園料が200円なのに、すごくいっぱい動物がいます。大丈夫か!安すぎないか!

# by nakamurayuki | 2019-09-29 14:09 | プチ旅行 | Trackback | Comments(0)

姫路城の中

d0044239_13201939.jpg
 いよいよ姫路城の中にはいっていきますが、→がふたつあって、片方は天守閣、もう一方はお菊井戸を示していました。
 ミステリ脳のわたしがどっちに向かったかはおわかりですね。

d0044239_13222893.jpg
 ていうか、あとでわかったのですが、天守閣を出るとお菊井戸の前を通って帰ることになったので、順路としては完全に逆でした。
 
d0044239_13241989.jpg
 さっきからわたしの撮っている写真に全然、人が写っていないので、誰もいないように見えますが、平日ですいていたのと、わりとかたまりで人が来るので、誰もいない瞬間がけっこうあるのでした。
 しかし、わたしがここでひっかかって写真を撮りまくっているのを見て、外人さんたちがわらわらと寄ってきてしまった。とりあえず、井戸というのはわかってのぞきこむ人々。

d0044239_13270586.jpg
 うーむ。深そう……。
 と思っていたら、中国人のかたがたが財布を取り出し、小銭を投げ入れ始めました。

 えっ!

 ……だ、大丈夫かなー……
 日本人なら怖くて絶対やれないが……なんて勇気があるんだ。
(ごめん、まさかお金を入れると思わなかったので、教えてあげられなかったよ)

 さて、順路とは逆回りに天守閣入り口に到着。
 中にはいると
 
d0044239_13292203.jpg
 木造家屋。

 そうか! そうだよねー!
 外が石垣だったから、なんとなくヨーロッパ風に、中まで石のような気がしていたけど、そういえばそうよねー。
 中は照明がないので、窓からの光だけです。デジカメさんは光学アイのおかげでかなりはっきり見えているようですが、人間の眼にはもっと暗く見えます。
 天守閣の上まで6階分、階段をのぼるのですが、これが
 
d0044239_13332540.jpg
 横から見るとこういう傾斜で
 
d0044239_13332802.jpg
 正面からだとこんな感じです。
 はしごです。
 マジかよ……靴ぬいで、靴下だから、つるつるすべるし、こわいよー!
 むかしの人、着物でほんとにこんなののぼったのか。
 
d0044239_13344146.jpg
 姫路城名物、六葉釘隠し。上についているのを下から撮ったので斜めになってますが、あとで、もっと下の方についてるのを見つけました。葉っぱをぐるっとつなげたつなぎ目にハート形が見える、かわいい釘隠しです。
 
 さて、てっぺんまでのぼって、景色を堪能したまではよかったのですが、帰る段になって、はっと気がつきました。(遅いよ)

 あのはしごを! おりなきゃならない!

 いや〜〜〜。怖かったね〜〜〜〜。正直、調子に乗っててっぺんまでのぼらなきゃよかったと後悔しましたが、手すりにすがって、どうにか生還。
 
d0044239_13412971.jpg
 さて、そろそろお城を出ましょう。
 ところどころにこういう説明の板があって、これは石垣にいろいろな石材が使われているという説明です。そのへんの古墳から出てきた石棺を石垣に再利用したと。
 
d0044239_13413317.jpg
 この、右側の縦にでかい石ですね。
 
d0044239_13461760.jpg
 わたし、日本のお城をあまり見たことがないんですが(なぜだろう……東には少ないんだろうか)、きれいでいいものですね〜。
 
d0044239_13462056.jpg
 遠くてなかなか来ることができないので、今回が写真を撮るたぶん唯一の機会だから、雨だったらやだなーと思っていましたが、青空だったのでラッキーでした。




# by nakamurayuki | 2019-09-22 13:50 | プチ旅行 | Trackback | Comments(0)