でじかめ日記

nakamurayk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

TRICK×LOGIC(トリックロジック)

d0044239_13205873.jpg

 問4はほんとにわけがわからなくて、解決への糸口を全部あけてしまいましたがB判定。
 ということはBが最低なんですね。
 でも、なに、このヒラメキの数。そんなにたくさんヒラメキが出てくるような話だったか?
 
d0044239_1322113.jpg
 
 さて。どうにか次の配信ぎりぎりまでに全部に手をつけることができましたが〜。

「亡霊ハムレット」、本気でわからん。
 これってキャンペーン第1弾なのに‥‥正直、今後の問題を解ける気がしません。

 以下、4作めの感想。
 基本ネタバレなしですが、内容にふれています。
 ↓



















 死体5つかよーと思いましたが、「切断された5つの首」というのは、首、両手首、両足首のことでした。というわけで死体はひとつ。
 とはいえ、グロいことにかわりはない。

 うーん、猟奇殺人はちょっとなー。

 と思いながら始めたんですが、まあ、とりあえず犯人の目星がさっぱりつきません。
 今回は逆算できないなー、と思いながら、いろいろヒラメキを探していきましたが、どうもうまく見つからない。
 で、もうヒントをあけまくりでヒラメキを見つけていったんですが、回答欄を埋めていっても「?」の連続です。とにかく、犯人が何を考えてるのか、さっぱりわからんのです。

 ところが、問3だったかな? 犯人が殺人をおかすことになったきっかけ、という欄を埋めた瞬間、大爆笑。

 わかったーーーーーー!
 こいつ、すごいバカ!!!!

 なるほどねー。そういう考え方もあるのねー。
 うわー、バカだわ、こいつ。

 個人的に、こういう解決、好きです(笑)。

 シーズン1、それぞれに魅力的なお話で、楽しませていただきました。
 いちばん、本格ミステリらしい、というか、本格マニア向けにワナを用意されていた、というお話は「雪降る女子寮にて」ですかね。「おまえら、こういうの好きだろ、ほらほら」という感じで、いかにもミステリマニアが好きそうなおとりが、やたらと丁寧に用意されていて、こっちもまた好きだから、まんまと食いついてしまいましたねー。事件そのものは地味ですが、技巧が凝らされていて、おおーと思いました。

 で、いちばん好きなのは「切断された五つの首」かな(笑)。あまりに意表をつかれて、犯人のバカさに感動したというか。

「明かりの消えた部屋で」はミステリクイズっぽくておもしろかったです。実際の事件は、うーん、ある意味、「切断された〜」よりグロいかも‥‥いろんな意味で怖かった。

「盗まれたフィギュア」は事件自体がいちばんなごみ系で好きでした。第1問めということで、難易度はわざと低めにおさえられていましたが、あのトリックはなかなか盲点をついていて、実際にその場でやられたら不思議でしょうがないだろうなーと思いましたよ。
 でも、現実世界なら、真犯人は親だね(笑)。
 我孫子さんは10問めも担当されているので、楽しみです。今度はゲームオタクの話ですかね?

 ところで。

「亡霊ハムレット」はもう、キャンペーン参加をあきらめて(だってヒラメキが全然出てこない)、ヒントをかたっぱしからあけてみましたが、ここまでの練習問題と違って、ヒントがヒントとして全然役に立たないのです〜。
 こういう考え方をしてごらん? くらいの曖昧なヒントばっかり。くそー! 権利放棄して開けるほどのヒントじゃないよ!
 うう。ここを開けるってことは、キャンペーン参加資格放棄なんだから、もうちょっとわかりやすいヒントをくれてもいいじゃんねえ。

 でも、思ったんですが、これってPSPを複数持っていたら、3台までダウンロードできるんだから、カンニングできちゃうのか‥‥じゃあ、あまりあからさまなヒントも出せないですかね。

 ただ、解決のヒントを見たかぎりでは、そんなに複雑な解答は想定されていないっぽいです。難しく考えすぎてるのかなあ。
by nakamurayuki | 2010-07-28 13:45 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nakamurayk.exblog.jp/tb/11636609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]