でじかめ日記

nakamurayk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

午後はグドゥルーへ

d0044239_19525514.jpg

 午後は市内から30キロほど離れたグドゥルーに向かいました。
 ここからは車窓風景になります。

d0044239_195426.jpg

 アンドラーシ大通りを通って、英雄広場を眺めながら。

d0044239_1955073.jpg

 ブダペストは、面積としてはそうでもないかもしれませんが、感覚的には東京サイズです。建物ひとつひとつがでかい。オブジェもでかい。通りも広い。なんか、やたらと大きな町に感じます。

d0044239_19555914.jpg

 なので、旅行前に「うーん、ここからここまで歩けるかなあ。地下鉄に乗らないと無理だなあ」と東京感覚でなんとなく把握していた距離感で、そのまま歩ける気がします。
 このあと、ウィーンに行った時、ウィーンの町のサイズの小ささに、ひどいギャップを覚えました。

d0044239_195740100.jpg

 だって、このでかいのが英雄広場ですよ。

d0044239_19585075.jpg

 そして、ようやくグドゥルー宮殿に到着〜。
 表記によってはゲデレー宮殿と書かれることも。
 現地ガイドさんによれば、この宮殿名の母音がすべて、日本語にない中間音なので、カタカナ表記がばらけるのだそうです。
 ここはエルジェーベト(エリーザベト)の愛した宮殿として、たいへん有名な場所です。そして、当然のように中は撮影禁止。
 えーん。

d0044239_20135812.jpg

 とりあえず、入り口のライオンちゃん。

d0044239_20142858.jpg

 内部ですが、絵はがきをいろいろ買ってみました。中はこんな感じです。

 実は、もともとルドルフ皇太子ゆかりの場所をめぐりたくて、計画した旅行だったので、グドゥルーにエルジェーベトがいったなら、息子のルドルフも一回くらいは行ってるに違いない、と脳内で妄想しつつ、中を歩いていました。
 すると、左上の絵はがきの部屋に、見覚えのある、気弱そうな男性の肖像画が‥‥ル、ルド様!
 いやーん、ルド様の肖像画があるー!!!
 絶対、この絵はがきは買わなければ!
 と思ったのですが、無情にも、この部屋の絵はがきには、エルジェーベトやパパ皇帝の肖像画が写っているばかりで、ルド様の絵は写っていなかった‥‥ルド様サイドの壁際から撮影しやがったな。

d0044239_20214292.jpg

 しかし、どこかにルド様グッズがあるに違いない、としつこく探し続けた末に、やっと見つけました。
 レジ前に飾られていた、グドゥルーで過ごすハンガリー王一家の絵の、マウスパッド!(なぜ?)
 中央がハンガリー王夫妻(オーストリア皇帝とハンガリー王を兼任)。
 エルジェーベトがだっこしているのが、末娘のマリー・ヴァレリー。
 右がギーゼラお姉ちゃん。
 そして左でちょっとポーズをきめているのが、ルドルフおぼっちゃまだー!
 かわい〜!
 こんな絵が残っているということは、ルドルフもちゃーんとここに来ていたんですね。
 それが確認できただけでも嬉しい〜!
by nakamurayuki | 2009-04-12 20:24 | 中欧2009 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nakamurayk.exblog.jp/tb/9588506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]