でじかめ日記

nakamurayk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

メルクでお弁当!

d0044239_195804.jpg

 駅に向かうために、もと来た道を引き返していくと、教会がありました。

d0044239_2003358.jpg

 中からはパイプオルガンの音が。ああ、そうか。いまの時間ってきっと、こっちの教会も、ミサの時間なんだ。
 ちょっと、はいって聞かせてもらおう〜。

d0044239_203149.jpg

 とてもきれいなステンドグラス。とてもきれいな教会。
 パイプオルガンの音色もすてき。なんてすてきなミサ。

d0044239_2024568.jpg

 まさかの無人。
 ええええええ!!!!
 ‥‥そ、そうか。ミサというのは神様のために捧げるものだから、信者さんがいなくても、オルガンだけは必ず弾くんだな、きっと。

d0044239_2034348.jpg

 もっと聞いていたかったのですが、そろそろ駅に行かないとまずいので、出ました。

d0044239_2061077.jpg

 左側が、いまの教会。右側にメルクの修道院が見えます。
 なかなかいい撮影スポット。

d0044239_2065174.jpg

 ゆるい坂道をのぼっていくと、真正面に駅。
 ‥‥しまった〜。このへん、住宅街だ。カフェなんかないよー。
 困ったな、なんか食べないと、ウィーンに着くころには2時前‥‥

d0044239_2091076.jpg

 こっこれは! 食べ物屋ですね! 駅にそんなもんあったか? 覚えてないけど、うれしい!

d0044239_2085173.jpg

 あった、あった! よかった〜。

d0044239_20114325.jpg

 中にも坐って食べる場所があったけど、お天気がいいので、ここに坐らせてもらおう。

d0044239_2043554.jpg

 で、中のおばちゃんに、まずは「ノー・ガスのヴァッサー」とお水を一本もらい、次に、食べ物を‥‥と思ったら、チョコケーキっぽいのが少しと、あとはいわゆる袋菓子とか、チョコバーとか、そんなのしか見えません。
 うーん。甘いもの、いまはいらないんだけどな。
「サンドイッチはありますか? えーと、ブレッドは?」と訊いたら、おばちゃん、ものすごく一生懸命考えてから、「センメル・ウント・レバーケーゼ?」と訊き返してきました。
 ああ!そうだ、そうだ。レバーケーゼっていう、ソーセージみたいなのがオーストリアにあるらしいじゃないか。見たことないけど。
 でも、パンとソーセージなら、わたしの欲しいものと、ほとんどかわらないですよ。サンドイッチみたいなものじゃないですか。
 んじゃ、それ、と頼むと、おばちゃん、保温機のふたをぱこっと開けて、焼豚そっくりのでっかいかたまりを、むんずとつかんで取り出し、1センチ以上の厚みに包丁で切っています。
 そして、カウンターの奥の部屋にはいって、でっかいビニール袋から、センメルを一個持ってくると、またまた包丁で横にスライスして、さっきのレバーケーゼをはさんで、紙ナプキンに包んで、はい、と渡してくれました。
 水と、このオーストリア風サンドイッチで、4ユーロくらい。
 わーい、ありがとう、おばちゃん! 
 でも、おばちゃん、さっきから見てたけど、一度も手を洗ってなかった‥‥

d0044239_2022725.jpg

 じゃーん! なんか、ほんとに遠足に来たって感じがしますよ。
 レバーケーゼ、でかい! 想像以上のでかさ!
 そしてセンメルが、ウィーン市内で見る、まんまるなパンでなくて、ちょっといびつなところが、手作りパン屋さんのセンメルみたい。

 そして、電車を待ちながら、食べ始めたのですが‥‥

 う〜ま〜い〜!!!!!

 ウィーンに来てから、ケーキ以外で、いちばんおいしい食事だ〜!!!
(普段、何を食べてたんだろう)
 いや、マジで! おいしいですよ、このパン! うわ、なんでこんなにおいしいの!
 そして、このレバーケーゼって、うーん、そうですね、生で食べられるソーセージ(温められていますが)って感じ。ちょっと塩気があるので、何の味付けも必要ありません。
 これとセンメルを一緒にかじると、あ〜!!!! おいしいよ〜う!!!

 あとでわかったのですが、ウィーン市内の屋台でも、これ、売ってました(笑)。
 あと、スーパーの肉屋さん(というかハム屋さん)コーナーは、サンドイッチ売り場にもなっていて、センメル・ウント・レバーケーゼ、と頼めば、その場で切って、作ってくれるみたいです。
(作ってもらっている人を見た)

d0044239_20414330.jpg

 椅子に坐って、パンを食べながら、のどかな駅を見ていました。
 わたしはどんくさいので、自分が乗る列車の出発時刻、到着時刻に加えて、列車の番号から、駅のホームまで調べて、メモしていったのですが、メルクは行きも帰りも1番線に電車が来ることになっています。

d0044239_20444122.jpg

 来てみて理由がわかった。ホームがひとつしかない(笑)。
 パンを半分食べたところで、電車が来ました。
 中にはいって、景色を見ながら、ちびちびと大事に食べました。

 ‥‥おいしかった。(しみじみ)

 もはや、アレだけのためにメルクに行ったような気さえしていました。

d0044239_2047344.jpg

 1時間半の電車の旅を終え、ウィーンに到着。
 ところで、オーストリアの電車には、地下鉄やトラムもそうだったのですが、こういうボタンがついていて、おりる時にはこれを押します。
 ウィーンの人は親切で、まちがいなく観光客の東洋人のぼんやりした女が、電車のドアの前に立っていると、さりげなく、さっとボタンを押してくれるのでした(笑)。
 みんな、ありがとう〜。3回目くらいにルールがわかったわたし。

d0044239_20502767.jpg

 ウィーン西駅。この電車に乗ってきました。やっぱり二階建て。

d0044239_2051067.jpg

 頭は赤い。

d0044239_20512891.jpg

 西駅に着いて、朝に物色しておいた、猫の舌チョコレートをおみやげ用にどっさり買ったあと、思いついてペットフード売り場を探してみました。

d0044239_20524637.jpg

 うーん。
 うちのメイは食べないと思うけど、缶だけほしい。
by nakamurayuki | 2009-04-28 20:51 | 中欧2009 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nakamurayk.exblog.jp/tb/9657393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]